• 空気浄化システム

応用

空気浄化システム

空気分離1

使い方:

従来の低温空気分離システムでは、空気中の水分は低温で凍結して分離し、機器やパイプラインを塞ぎます。炭化水素(特にアセチレン)が空気分離装置に溜まると、特定の条件下で爆発を引き起こす可能性があります。そのため、空気が低温分離プロセスに入る前に、モレキュラーシーブや活性アルミナールなどの吸着剤で満たされた空気浄化システムを通じて、これらの不純物をすべて除去する必要があります。

吸着熱:

その過程での吸水は物理吸着であり、CO2の凝縮熱が発生するため、吸着後の温度が上昇します。

再生:

吸着剤が固体のため、多孔質の吸着表面積に限りがあり、連続運転ができません。吸着容量が飽和した場合は再生が必要です。

吸着剤:

活性アルミナ、モレキュラーシーブ、セラミックボール

活性アルミナ:主な効果は予備吸水で、ほとんどの水分を吸着します。

モレキュラーシーブ:深層水と二酸化炭素の吸収。水と CO2 は 13X で共吸着され、CO2 はデバイスを氷でブロックする可能性があるため、モレキュラーシーブの CO2 吸着容量を確保することが重要です。したがって、深層冷気分離では、13X の CO2 吸着能力が重要な要素となります。

セラミックボール: 空気分配用のボトムベッド。


メッセージをお送りください: